Mar 17, 2011

Massive Quake, Japan

These photos are that I took five years ago in Fukushima pref which I had lived and been working there half year just after graduate university. Such a lovely beautiful place is there. Massive earth quake hit on Mar 11, 2011. Even I haven't got any quake or tsunami here in Canada, I was depressed so much. Just sadness things. Fortunately I could know that if my family was fine just 6 hours after shaking. But first explosion in the nuclear power plant upset me too much. I remember that first explosion in no1 reactor was happened at 1am in Canadian mountain time. After hearing that news, once I went to bed, but couldn't keep sleeping, woke up couples of time by morning and I checked news if everything is fine. Since then, four or five days, I've thought lots of things what I can do, or what I should do, for them. But almost no idea came out. Just I could think that I can have normal life I can do here without any flutter.

これらの写真は5年前に福島で撮ったもの。5年前、ちょうど大学を卒業した後、半年間福島の工場で働いてました。とても綺麗な場所だったと記憶してる。そんな美しま福島を含む東北を襲った、地震と津波。ここカナダに居て、何の揺れも感じていないのに、ただただ憂鬱の一言。幸運なことに地震から6時間後には家族の安否もわかったのだけど。そのころのニュースでは死者500~700という控えめな予報だったのに、それでも悲しくて、翌朝(地震から6時間後)僕にHow are youと声を掛けてきた友達(まだ地震のことを知ってなかった)に、not goodとしか言えず、そして地震のことを少し話したところで、もうそれ以上言葉が続かなくて、泣きそうになりながら友達の側を立ち去ったんだっけ。それ以上に僕を動揺させたのは、原発の第1の爆発。カナダの時間で午前1時くらいだったと思う。ニュースを聞いた後に一度就寝したものの、朝まで2,3回目が覚めてしまって、その度ニュースを確認した。結果論からして、心配しすぎだったね、で終わればいいんだけど、逆にもっと心配する必要があったって気づいた時には遅いし、でも皆がパニックになっても破綻してしまうし、例えば自分が現地に居たとして、何が最適な行動だったのだろう。被災地で救助活動にあたってる方、そして原発のトラブルを克服するべく放射線のリスクの下、活躍している作業者の方々には心の元より感謝。地震以来、何が出来るかとか、何をしなかとか、色々考えたけど、何もわからない。ここに生活していて、ただ一つ出来ることといえば、不安を克服して普段通りの生活を送ることかな。



  1. Encourage Keiichi. Soon everything will be as before.
    The Japanese people shall know you are very strong and overcome.
    Big hug!

    David (Spain)

  2. 久しぶりのコメントがこのよなことで辛いね。

  3. Thanks, David. Definitely it will. Big hug, too!